運命の赤い糸と形容できるもの

IT文明の発展によって、日本各地でいたるところに通信を担う上で必要な回線が敷かれています。ひいては、その回線速度が気になっていき、情報が頻繁に交わされるようになった時代背景からして、回線速度が速いに越したことがないのです。

インターネットの新規加入の際に、何といっても回線速度を重視していき、月々にかかる費用との兼ね合いの下に、インターネットをしてみようと決めていきます。最近では、ある一定の期間において、月々の利用料金を割引するキャンペーンを掲げている企業があることから、それだけ、ITを中心とした世の中を満喫してほしいという確かな想いを乗せていることが見て取れるようです。

故に、インターネットの素晴らしさを体験したのならば、世界とつながるというスケールの大きさを実感していくことに等しいわけであり、ひいては、つながることの安心感を享受している余韻は、末永く続くことが約束されていくのです。そして、回線速度の速さを実感していくことは、あたかも最新の新幹線に乗って、最大の速さのスピードに乗って目的地に向かっていくかのような爽快感を味わうことに形容ができるのだと思うのです。

また、光回線を利用することは、とりもなおさず自分の想いをも光の速さで伝えていこうという気持ちを表していくことと同等の価値観を伴うようになるのです。このようにして、ITの発展によって、各々の確固たる想いを乗せていくことに一役買うこととなり、光の速さでつながる回線は、目に映像として映し出していくために光が必要であるということをも想起させていき、光の感じられる所の先には、希望があるということを証明させていることに等しいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です