インターネットは時代の象徴

IT文明の発展により、インターネットが以前と比べてだいぶ普及しています。そのため、そういった情勢に便乗して、多くのIT企業が参入していることでしょう。
インターネットを中心とした社会の構築は、私たちの時代を象徴していく一つの文化なのです。

ですので、その文化に身を置いているということは、自ずとネット上での迅速なやり取りが展開できるということを目の当たりにしていることになるのであり、そうした時代に生まれてきたことに対して幸せを感じるべきだと思うのです。
故に、インターネットから紡がれていく可能性を信じて、私たちが希望に満ち溢れる将来に向けて、歩みを続けていくべきだと思います。

インターネット人口の増加により、それだけITの意義が高いということを証明しているのに等しいのであり、その意義を裏付けるものとして、家にいる人が多くなっているような気がするのです。
家でインターネットをしている時間の多さに比例して、あたかも魚釣りをしている人のように、じっと同じ場所で待機し続けていく辛抱強さが伝わってくるようです。
ですので、自分の望む結果が訪れるまでの間、忍耐力がいかに大事であるのかを、インターネットが教えてくれているような気がしてきます。

そして、インターネットは、獲物を獲得するまでの眼差しになるように促していくようにも形容ができて、新たな時代を切り開いていこうとする意志力の形成をも担っていくのです。
情報という獲物を手にすることが、私たちの今の時代の生き方となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です